さんぽみちのちしつのアーカイブ

第19話 ~郡山市を興した湖~

 福島県郡山市は人口34万人を数え今や県庁所在地の福島市を上回る大都市となった。しかし、かつて一帯は安積(あさか)原野と言われ、不毛の大地が広がる人口僅か7千人余の寒村であったと云う。もともと降雨が少ない地域で、数本ある河川は何れも流域が狭く、干ばつの影響を受けやすいため、広大な原野は牛馬の餌となる牧草を採る入会地としてしか用途がなかった。
 
 明治政府の重鎮であった大久保利通の進言により猪苗代湖から奥羽山脈を貫き荒涼とした安積原野に水を引く国営安積開拓事業に着手したのは明治12年。旧士族を中心に延べ85万人の労働力と当時の国家土木予算の1/3に当たる巨費を投じ、僅か3年で安積疎水の完成にこぎ着けた。また、猪苗代湖からの落差を生かして水力発電所が設けられ、その電力で製糸業や紡績業、後に化学工業の発達をもたらし、今日の郡山市発展の礎を築いたのである。
 
 猪苗代湖は、東側は奥羽山脈に列する山々が横たわり西側は磐梯山や会津布引山を起源とする火砕流丘陵台地群によって限られた日本で4番目に大きな湖である。湖は非常に透明度の高い水を湛えており水質日本一の称号を幾度も得ている。これは流れ込む長瀬川流域に火山性の強酸性水が多くこれに水酸化アルミニウムが豊富に含まれており、湖水との中和作用で有機物や富栄養原のリンが凝集して沈殿する。つまり水道の浄水場で使われる凝集剤と同じような自浄作用が自然界のサイクルの中で確立しているのである。猪苗代湖は阿賀川水系であり会津盆地を通って日本海側のみに流れ出している。会津盆地ではほかにも優秀な水源河川が多く、そればかりか洪水の常襲地帯でもあったことより、水量的には疎水として安積野側に供給することにさしたる問題はなかった。その上、猪苗代湖辺縁でも湖面の変動により頻繁に浸水被害が発生しており、水位の安定化が渇望されていた。そこで会津側に流れ出る日橋川の上端に巨大な水門(十六橋水門)を造り湖面の高さを調整すると共に、奥羽山脈の硬岩に570mのトンネルを穿ち湖水を安積野側へと導いた。トンネル掘削にはダイナマイトや排水のための蒸気ポンプ、補強のためのセメント等、当時の最新技術が駆使されたという。こうしてトンネル数37箇所、水路52km、分水路70kmの安積疏水が完成し、寒々とした荒野が三十万石とも称される大穀倉地帯へと生まれ変わったのである。
 
 安積疎水の建設にはオランダ人技術者ファン・ドールンの功績が大きい。現在も十六橋水門の傍らで湖水を見守るように銅像が立っている。第二次大戦末期、金属供出の趨勢の中、地元の農民らによって像が台座から外され隠されてこの難を免れた。戦後、敵国であったオランダ人の銅像を守り抜いた事が縁で、生誕地であるオランダのブルメン市と郡山市の友好関係が築かれ、昭和63年に姉妹都市の盟約を交わしている。往時、食うや食わずであったろう地元民のそれでも大恩ある技術者に対する人としての敬意の表れであり、戦争での敵味方など取るに足らない些事でしかなかったのだ。

カテゴリー:さんぽみちのちしつ

第18話 ~絶景の対価~

 米沢市から西吾妻スカイバーレーで県境を越してすぐの裏磐梯地区は、我々山形県人にとっても魅力的な観光エリアのひとつである。濃密な樹林と散在する湖沼のコントラストは、季節毎に違った風景を見せ、訪れる人々の目をを飽きさせない。裏磐梯最大の湖・檜原湖での、全面凍結した湖面に穴を開け、ワカサギ釣りに興じる様子は真冬の風物詩としてつとに有名である。


 県境を越えると檜原湖の背景に雄大な磐梯山を望むことが出来る。磐梯山は表の猪苗代町側から見ると整った穏やかな地貌であるが、檜原湖側の裏磐梯は中央が大きく馬蹄形にえぐれた荒涼とした光景を見せつける。この山は2~3万年毎に、活発な火山活動を繰り返す複合成層火山(活火山)であり、三万年前の噴火では山の南西側、現在の磐梯町方向へ大量の火山砕屑物を発生させ、これが猪苗代湖生成の発端となったとも言われている。


 明治21年7月15日の朝に突如発生した明治の大噴火は僅か2~3時間ほどの間に山の地形を大きく変えるほどの山体崩壊を生じた。崩壊土量は15×10の8乗立方メートル(一辺約千百mの立方体に相当)に達し、その膨大な土砂が土石流やラハール(火山泥流)となって山塊東側の長瀬川とその支流部に流れ込み周辺を埋め尽くした。裏磐梯の主な湖はその影響で生成した堰止湖であり、中でも檜原湖は火山性の堰止湖としては日本最大規模を誇る。


 この磐梯山の大噴火は明治政府樹立後初の大規模自然災害であり、国が主導して研究やその後の復興事業が進められた。東京帝大(後の東京大学)の教授や諸外国の研究者がこぞって調査に参加し、国内の火山で近代的な調査・研究がなされた初のケースとなった。しかしながら、各研究者がバラバラに成果を発表したため、その影響を引きずり未だに噴火のメカニズムなどに見解の統一がなされていない点があるという。


 我々が観光で訪れる風光明媚な風景や自然が作り出す造形美には、激しい火山活動や地震・洪水など、災害の爪痕であることが少なくない。明治期の磐梯山大噴火においても数多くの村落が土砂に埋まり、あるいは湖底に沈み、同時に数百人の犠牲者も出している。当時、火山研究の草創期で噴火の前兆さえ認識されていなかったためこれが未曾有の大災害に繋がった。しかし、観測網が整備されたはずの現代の御嶽山の噴火(平成26年)でも数十名の犠牲者を出したことは記憶に新しい。裏磐梯の自然豊かな景観の礎には凄惨な大災害があったこと、自然の脅威は今もなお人間が推し量ったり、ましてやコントロールできるものでは無いことを努々忘れてはいけない。

 

カテゴリー:さんぽみちのちしつ

第17話 ~道の栄枯盛衰~

 米沢から関地区(関町)・綱木集落を経て旧桧原村・喜多方市に至る米沢会津街道という古道がある。この道の歴史は恐ろしく古く、なんと平安時代からの記録が残されている。米沢から会津塗の木地や木炭・紅花などが、また、会津からは味噌醤油や菓子砂糖がこの道を通って流通し、柳津・出羽三山の参詣道としても賑わった。途中の関町や綱木集落はその宿場町として大層栄えたと云う。


 裏磐梯に通じる西吾妻スカイバレーに向かう途中、米沢市街地を突き切って船坂峠を登った先が関地区である。米沢市街との標高差は100m余。通常、峠道と言うのは上った分だけ後で下るものだと思うのだが、この船坂峠は登り切ってすぐさま山の上に平地が広がる。米沢市街地からは全く窺い知れないこの珍妙な風景に最初大いに面食らう。地区の中央を大樽川が貫き、その氾濫原が幅1km,長さ4kmほどもある平野を形作っている。大樽川流域ではこの関地区を除き開析平野の発達が乏しく、下流部の小野川温泉付近であっても平野部の規模は関よりずっと狭い。


 関地区は周辺部の多くが基盤の花崗岩やその風化土であるマサ土が分布する。花崗岩は新鮮な岩体は硬堅であるが風化に弱く、河川による浸食度も大きい。但し、通常花崗岩地帯の山間地形は樹枝状や手指状の浅くて細長い谷筋となる事が多く、関地区のようにだだっ広い氾濫原を造ることは希有である。ではなぜこの関だけがこれだけ広い平野地形となっているのだろうか?。その疑問を解く鍵は下流側の河川の狭窄部に分布する硬い泥岩(綱木層)にある。山間の河川は順調に侵食が進むと直線状のV字谷となるが、硬い泥岩は河川による浸食が進まず、浸食されやすい上流部との勾配が緩くなる。すると上流側で流れが滞り河川は曲流蛇行を繰り返すようになる。つまり洪水時に溢れた水が行き場を失い流れが右往左往と変遷して辺縁の山々を削り、加えて流れが緩やかとなったため上流からの土砂をどっさりと置いていってしまうわけだ。

 

 米沢会津街道は、かつて伊達政宗が会津侵攻の際に使ったとされ、幕末には伊能忠敬・吉田松陰やあの新撰組の土方歳三らも通った、当に日本を動かした歴史の道でもある。昭和48年、スカイバレーの開通に伴い連綿と続いていた街道としての役割も終わりを告げ、また今年三月、児童数の減少に伴い139年の時を刻んできた市立関小学校も閉校となった。人の営みなど地質年代から見れば一刹那でしか無いが、それでも平安の世から千年以上も続いた一つの歴史が今、終焉を迎えたことに、寂寞の念を禁じ得ない。

 

 

カテゴリー:さんぽみちのちしつ

第16話 ~まほろばの巨大な○~

 高畠町の南部、亀岡文殊のある山地の背後に高畠町上和田がある。周囲をぐるっと山々に囲まれた山間盆地で、直径が約3㎞ほどの円形の地区である。地区内はほぼ平坦で「上和田有機米」を作付けしている水田が広がり、所々に低い小さな丘陵が点在している。


 この上和田地区、地形的な特徴より古いカルデラ(爆裂火口)と考えられている。カルデラにはいろいろなタイプがあるが、この上和田カルデラのように平坦で周辺が丸くカルデラ壁で囲まれているタイプは、陥没カルデラと呼ばれる。陥没カルデラは爆発的な火山活動によって地下のマグマが放出されて空洞になり、その空洞に向かって周辺の岩石が落ち込んで大きな凹地になったものだ。よく爆裂火口というと、火山が大噴火を生じた火口の「穴」というイメージを持たれるが、直径3㎞の巨大な一つの火口があったわけでは無い。実際は、数箇所の小さな火口が噴出して、噴火後その周辺がまとめて陥没したものである。また、カルデラ内に点々とある小さな丘は、火口丘と呼ばれ、カルデラを形成した後にできた小さな後発の火山跡であり、ここで大規模な火山活動があった名残と言える。

 
 奥羽山脈の周辺や出羽山地などの火山地帯には、一見ただの小さな山間地のようなカルデラが多数存在する。この高畠町上和田のほか、山形市西部の県民の森付近・大蔵村肘折・最上町向町・金山町有屋など、ハッキリしたものだけでもその数10を越える。その他古くて地形が不明瞭になったものや平野部の深部に埋没してしまったものなど、過去のカルデラが多数存在する。陥没カルデラの地下はかつての空洞が雑に埋まった状態なので岩石の密度が低く、周辺部より僅かに重力が小さい。(これをブーゲー異常と言う)重力の僅かな差を丹念に調べると、今は全くの平野部でも重力の高いところと低いところが表れ、それを手がかりに、かつての地形や地下深部の地質を推定することができるのである。


 高畠町は「まほろばの里」とも言われる。まほろばは古語で理想郷・桃源郷の意味であるが、なんとなくこぎれいで豊かな土地という印象がある。確かに高畠町は古代の史跡群や神社仏閣などの旧跡が多い古い歴史の町であるが、高畠ファームやセゾンファクトリーなど、地味な農産品をおしゃれな商品に昇華させた地元企業の力も町のイメージ作りに一役買っている。

 

カテゴリー:さんぽみちのちしつ

第15話 ~織女は白竜の夢を見る~

 写真は南陽市の白竜湖である。面積が約1平方キロメートル、水深が最大1m余とかなり貧相であるが、自然湖沼としては山形県で最大である。湖の周辺は大谷地と呼ばれ、古来、入れば腰までぬかるむ「ひどろ田」で、特に湖の東側は萱(カヤ)場とされる未開の湿原が広がっていた。明治期以降、度重なる圃場整備と大規模な排水路網の建設により、現在では整然とした水田が広がる穀倉地帯へと変貌している。

 白竜湖を含む大谷地地区は置賜盆地の北東隅に位置し、白鷹山地から南下する吉野川と高畠町より西流する屋代川の自然堤防によって出口を閉塞された低湿地帯である。明治期には面積も今の2倍、水深も3m近くはあったとされている白竜湖だが、年々縮減の方向にあり早晩消滅するのではと危惧されている。特にかつての高度成長期の食料増産に伴い、圃場水源として無理な浚渫工事を行った結果、貴重な動植物の絶滅と共に毎年「ヒシ」(水草)の大繁茂を繰り返すようになった。それが腐敗して湖底に堆積することにより却って湖の命脈を縮める事となったことは人間の愚かさとしか言えない。これは浚渫により湖底から富栄養化した泥が舞い上がり、加えて辺縁の水田より化学肥料を含んだ排水が大量に流れ込んだ事が大きな要因となっている。

 大谷地の北側半周は丘陵地(ぶどう畑)に囲まれており、浅いながら幾本もの沢地形が刻まれている。にも関わらず大谷地内は太古から変わらず続く低平な湿地帯であり、これは土砂の供給が極端に少なかったことをも意味している。沢があるのに土砂が供給されないのはなぜか?これは前回、大洞のU字谷の稿でも触れたが、周囲の緩斜面は風化に伴う自然崩落土砂「崖錐堆積物」の性格が強く、降雨があっても直ぐさま地盤に浸透するため土砂を押し流すような流れにならなかったのが要因である。そして浸透した地下水だけが湿地の底部から静かに湧き出すこととなる。(一部は、赤湯七水と呼ばれる湧き水となって人々の生活に利用されてきた)

 白竜湖の数ある伝説のなかに赤湯東正寺の若い僧侶に恋い焦がれた若い娘が、想いかなわず湖に身を投げてしまい、その魂が白竜となって天に昇ったという悲恋の物語がある。また、同じ南陽漆山地区にはあの「鶴の恩返し」の発祥の地のひとつとしての言い伝えが残っている。赤湯周辺にはこのような物悲しい結末の物語が幾つも口伝として語り継がれてきた。深さ1mの湖に巨大な白竜が潜んでいる訳はあるまいとか揶揄する向きはさておき、このような寓話が生まれた往時の人々の暮らしぶりが暗く貧しいものであったろうことは想像に難くなく、今不自由なく暮らせる我が身の幸せをありがたく思わねばバチが当たりそうだ。

 

カテゴリー:さんぽみちのちしつ

第14話 ~フィヨルド幻影~

私たちには馴染みが薄いが、氷河の流れで浸食された谷地形を「氷食谷」と言い、これが海に入って細長い湾となったものを「フィヨルド」と言う。スイスアルプスや北欧に多い地形でU字谷を特徴とする。

南陽市川樋に大洞(おおほら)と云う地区がある。当社で東北中央道関連の井戸を何本か掘削したあの大洞である。地区の背後は見事なU字谷となっており、谷の最奥に大洞山が聳える。谷底はなだらかな緩斜面となっており、多くはブドウ畑として利用されている。私が高校時代、上野に向かう特急やまびこの車窓からはじめてこの地形を見たとき、日本にあるまじき景色にしばし見とれ呆然とした。後日、友人たちに「あのU字谷は凄いよね!フィヨルドみたいだよね」と、興奮気味に話ししたものの、誰一人関心を持ってくれなかった無念さを今更ながら思い出す。でも高校生で地形を熱く語る私は、当時から変な奴だったのかもしれない。


北欧のU字谷は氷河で削られたものだが、この大洞の谷はどうやって出来たのだろう。まさかここに氷河があった訳では無い。ただ氷河期には関係している。辺りの地質は赤湯層という古い細粒凝灰岩・凝灰質泥岩が分布している。古い泥質の堆積岩で幾度もの氷河期を経ているとなると、岩盤は凍結融解をくり返し、静かに少しずつ破砕してゆく。これをスレーキングと言う。砕けた岩塊は山から崩落し麓に堆積する。そして大雨などによりごくたまに(それこそ数百年に一度のレベル)土石流のような流れで一気に地表が均される。幾星霜、何百万年もそれが繰り返されたら・・ああいう地形になるワケだ。実は赤湯周辺の岩山は殆どが砕けた岩塊が地表を厚く覆っている土地で、痩せているが極めて水はけが良い。表面の石を集めて石積みにし、段々畑にして湿気に弱いブドウを植えたのが、赤湯のぶどう産地の興りである。


実はこの水はけの良さもU字谷形成の大きな要因になっている。あれだけの規模の谷地形なのに、谷底には常時水の流れる沢が一本たりとも存在しないのだ。降った雨は一箇所に集まることなく殆どが直ぐさま地面に浸透し、地表近くのガラガラの石だらけの地層を伝って速やかに排水してしまう。言わば地中に、目に見えない排水河川が埋もれているようなものである。地表に沢があるとその周辺が浸食・洗掘されてV字谷となる。それがないので堆積したままのなだらかな地形が保たれているのである。


この赤湯層由来の礫層、困った特性がひとつある。数十mもの厚さの玉石・砂礫層であるにもかかわらず、地下水がほとんど出ないのだ。河川で堆積した砂礫であれば古くとも100万年前には出来ている。それがこの大洞の地盤は中新世、原岩が出来てから約一千万年の時間が流れている。しかも自位置で礫状となったため土砂が層状となっていない。礫層は出来てからの時間の経過と共に礫と礫の間の間隙に細粒分が沈着し、目詰まりを起こして透水性がどんどん低下する。加えて層状となっていないため、横方向に繋がった地下水の帯水層が発達しないのだ。つまりこの礫層、水が浸透しないし溜まらない訳あり物件となってしまっているワケだ。


北欧と言えば氷河やフィヨルドのほか、高緯度の薄暗い世界で妖精と魔法が身近に息づいている幻想的なイメージがある。彼の地で生まれたムーミンも妖精のひとつだそうだ。(決してカバでは無い!)その昔、雪がしんしんと降り積もる静寂の夜にいろり端で、今は亡き祖母が語ってくれた「とんと昔あったけど・・」と、相通じる情緒を感じるのも私だけでは無いはず。

カテゴリー:さんぽみちのちしつ

第13話 ~枕を愛してる?~

写真は、今や全国区となった加茂水族館に隣接する荒崎灯台からの眺めである。日本海としては滅多に無い深い紺碧の大海原が広がり、黒褐色の岩肌に僅かに白波が立っている。いかにも磯釣り日和のロケーションであるが、「黒鯛はフカセ釣りで朝まずめが一番」などと知ったかぶりの話をするつもりは無い。一度も釣れたこと無いし・・。

注目は沿岸の岩である。表面がざらっとした岩々が、外洋に向かって伸長しそれらが規則性を持って並んでいる。また、一つ一つの岩は全体に丸っこい形状で、まるで黒砂糖を練り込んだ細長い焼き菓子のようでもある。実はこの岩、枕状溶岩(ピローラバ)という北陸~北日本の日本海側の沿岸によく見られるものであり、中新世前期、今から2000万年ほども前に海中で噴出した玄武岩溶岩の形態の一つである。こういった黒っぽい塩基性岩の溶岩は、さらっとした粘りの少ない性質で、海底に噴出して急冷され薄い外壁を纏うが、それを押し破って次々に円筒形の岩体がドロドロと「う○ち」のように押し出される。(クレヨンしんちゃん的表現😉)ハワイキラウエア火山の溶岩流による同様の映像が何度かテレビで流れた事があるので、ご存じの方も多いだろう。溶岩が海水に直接さらされた部分は破砕して波に洗われ、中心部分がそれこそ枕を積み重ねたように並ぶ事になる。また、押し出される溶岩の量が多いと一かたまりの岩塊となり、中心部から外側に節理(溶岩が冷える際にできる規則正しい割れ目)が放射状に発達した車石と呼ばれる奇岩となる場合もある。また、地中の浅いところで溶岩が地層と地層の間でゆっくり固まった岩床となると短柱状・ブロック状・板状など、様々な節理構造が発達する。旧温海町の沿岸部では場所によって様々な節理構造の露岩が次々に現れ、さながら割れ目の見本市のようである。いにしえの海底火山の様子をあれやこれや想像することができて面白い。

30年ほども前、私はとある地質見学会に参加した。その時は「チン状溶岩・ピローラバー」と教えられた。チン状?枕の偏愛者?予備知識無しで参加した私にも非はあるが、刷り込み効果のように未だに「Lover」が頭から抜けない。

カテゴリー:さんぽみちのちしつ

第12話 ~Another World~

 地質調査の下見や踏査で山の中に入ると、錆び付いた鉄骨や何に使われたか分からないコンクリート躯体など、明らかに人工的な構造物に出くわすことがある。時にそれらの周辺に藪に埋もれるように家屋の残骸や石段、石碑・墓石など、人々が生活していたと思しき痕跡が残されている事もある。人々から遺棄されたそれらを「遺構」と呼ぶが、直に目の当たりにすると今立っているその空間だけが忽然と外界から切り離されたような寂しさと、一抹の不安感を覚えるものだ。


 写真は昭和11年に開通した栗子隧道の福島県側坑門である。訪れる人も無い山の中に今でもひっそりと佇んでいる。米沢から福島へと通じる街道は、明治初期まではJR路線の近くを通っていた板谷街道が使われていた。しかし道が狭隘で物資の大量輸送ができず、冬季は通れないなど街道としてはいささか情けない状態であったため、これを憂えた当時の鬼県令・三島通庸の発令によって栗子隧道を含む新街道・萬世大路(ばんせいたいろ)が整備されたのである。ちなみに「萬世大路」の銘は東北巡幸の際立ち寄った明治天皇によるものと伝えられている。写真にある栗子隧道は、明治期に建設された初代の栗子山隧道を拡幅整備した二代目であり、西栗子・東栗子に分かれた国道13号線のトンネルが三代目、東北中央道の栗子トンネルが四代目となる。明治期の初代隧道は全長860m余で、当時日本最長を誇った。付近の地質はやや古い時代の流紋岩が主体で、地質図上の表記では岩体・岩石共に3Cの最高ランクの硬さである。山形県側には初代隧道の坑口が残っているが、その内部は石鑿(いしのみ)で削られた跡がが生々しく残り、いびつなゴツゴツとした岩肌ががあらわになっていると云う。人力だけで硬岩相手に日本最長の隧道を掘削した、往時の技術者(職人)の壮絶とも云える奮闘の様子が目に浮かぶようである。


 萬世大路の整備と共に宿場町として大瀧・大平(福島側)川越石(山形側)などの集落が栄えた。大瀧宿の町並みは半ば朽ちつつ今も旧道沿いに残るが、ほか二村はどこに民家があったのかさえ定かでない。栄枯盛衰を極め、人々が行き交う住民の確かな生活があった彼の地も、今では太古からの静寂に戻っている。当(まさ)に兵(つわもの)どもが夢の跡である。
ところで平塩の塩泉をはじめとする山の塩分はいったいどこから供給されているのだろうか?。今の地盤を形作る過程では、かつて付近一帯が海だった時代(中新世中期)があり、それが徐々に隆起や新たな堆積物の供給により浅くなり(中新世後期)、入り海や湖の時代(鮮新世)と変化してきている。地層の生成と共に地下に貯留・封入したままになっている海水を「化石海水」と呼び、これが塩水泉や多くの温泉成分の元となっている。化石海水はヨーロッパや中南米などの降雨の少ない非火山地域では、徐々に乾燥濃縮し岩塩となる。しかし降水の多い日本では浸透水も多いため塩は液体の間隙水としてのみ存在する。日本の塩泉の濃度は約1.0%前後の事が多く、くだんの東北クリーン開発様の井戸で最大0.6%程度、寒河江市塩水の渡辺外科胃腸科医院様の井戸水で約0.8%、小塩の農水省の井戸で約1.0%、弊社の新髙田温泉で塩分が約1.3%である。その他目安として海水がおよそ3.5%、濃口醤油が約14%相当となる。平塩塩泉の塩分濃度は塩化物総量で計算上約2.5%に達し、近在の塩泉の濃度としては飛び抜けて高い。例外として兵庫県の有馬温泉はプレート境界に取り込まれた塩水が湧き出す特殊な温泉であって、塩分濃度は実に6%に達し日本一濃い。(ホテルの値段も高い‥)そんな温泉に浸かると漬け物になりそうで血圧の高い私はいらぬ心配をしてしまう。まあ、どうせ泊まりに行ける機会は一生無いであろうから全くの杞憂なんだが。

カテゴリー:さんぽみちのちしつ

特別号 ~雑味は旨い!~

 山形盆地の西側には「塩」を含む地名が多数存在する。代表的なところで、出塩・塩辛田・小塩・平塩・塩水・塩ノ平・塩の淵・塩田など、枚挙にいとまが無い。それらの多くで塩分を含む地下水が湧き出ており、古来より人々の生活に大きく関わってきた。弊社でもこれらの地区の背後に当たる山中で東北クリーン開発様の使用水確保のため何本もの井戸を掘削したが、地下水に高い濃度の塩分が含まれており、対処に苦慮した経験をもっている。このような塩分を含む地下水を日々のくらしに有益に利用していたのは寒河江市の平塩地区だけである。その他の地区は塩分によ
り植物が育ちにくい土地とか、田畑への引水に注意しなければならない水とか言うネガティブな扱いを受けてきた。


 平塩舞楽で有名な平塩熊野神社の近くに小さな祠(ほこら)が祀られている。祠の中にはやや白濁した小さな湧き水の溜まりがあり、これがかつて村内に数ヶ所あったという塩水泉の一つである。そもそも当地の地名「平塩」は、かつてこの水から生活用の食塩を得ていたという史実より「煮詰めて冷やした塩→冷や塩→平塩」に転訛したものと云われている。戦時中まで細々とこの食塩造りが受け継がれてきたが海塩が潤沢に流通するに伴い、その後永らくその伝統が途絶えていた。ところが近年、地元産品の掘り起こしの一環として、有志の方々が再び食塩製造に乗り出していると聞く。(まだまだ試作段階のようだ)平塩地区を含め山形盆地西縁に湧く塩水は、いわゆる食塩分(塩化ナトリウム)のほか、様々な電解質と鉄分などのミネラルや硫化物(硫黄分)など雑多な成分が含まれている。平塩地区のそれは他の地区よりいくらかこれらの雑成分が少ないが、それでも何回もの濾過や沈殿を繰り返さないと食用塩にはならいという。人間の舌と云うものは純粋な成分ほど「すっきりした味」と感じると同時に「尖った・きつい味」ととらえる。手間暇かけた平塩の塩は「奥行きのある・甘みを感じる」極上の味わいに仕上がっているそうだ。


 いきなり脱線するが、福島県の115号線、つちゆロードパーク(道の駅つちゆ)では、かつて弊社で施工した水源井戸が完成するまで、飲料水はふもとの土湯温泉からタンクローリーで運び上げていた。当時はこのような施設に必須とも言えるそば・うどんなどの軽食コーナーも無く、手洗いには「この水は飲めません」の張り紙。全体に寂れ、どこかうらぶれた雰囲気が漂っていたものである。福島市より水源開発を委託された私達は、手洗いに引いていた山水の水源地に行ってみた。そこには小さな沢に堰を設け、イモリの泳ぐ水中に網かごをかぶせた黒パイプの吸い口が覗いていた。試しに、沢水をすくって直接口に含むと瑞々しい若葉のような香りとまろやかな甘みを感じる。「旨い!」。私はこう見えても山岳部出身である。自然の沢水は鉱毒を含んだヤバい水まで腹を下しながらもさんざん口にしてきた。つちゆロードパークの飲用不可の源水は、かつて味わった自然水の内、一・二を争う旨さであった。山野に積もった落ち葉は長い時間をかけて分解され、フミン質という高分子有機物が生成される。その中には様々な芳香を放つ成分とアミノ酸や単糖類に変化する物質が含まれており自然水に複雑な香りやうまみ・甘みを与えてくれる。平塩の塩と同様、自然の雑味は人間の舌には滋味溢れる優しい甘露となるようだ。


ところで平塩の塩泉をはじめとする山の塩分はいったいどこから供給されているのだろうか?。今の地盤を形作る過程では、かつて付近一帯が海だった時代(中新世中期)があり、それが徐々に隆起や新たな堆積物の供給により浅くなり(中新世後期)、入り海や湖の時代(鮮新世)と変化してきている。地層の生成と共に地下に貯留・封入したままになっている海水を「化石海水」と呼び、これが塩水泉や多くの温泉成分の元となっている。化石海水はヨーロッパや中南米などの降雨の少ない非火山地域では、徐々に乾燥濃縮し岩塩となる。しかし降水の多い日本では浸透水も多いため塩は液体の間隙水としてのみ存在する。日本の塩泉の濃度は約1.0%前後の事が多く、くだんの東北クリーン開発様の井戸で最大0.6%程度、寒河江市塩水の渡辺外科胃腸科医院様の井戸水で約0.8%、小塩の農水省の井戸で約1.0%、弊社の新髙田温泉で塩分が約1.3%である。その他目安として海水がおよそ3.5%、濃口醤油が約14%相当となる。平塩塩泉の塩分濃度は塩化物総量で計算上約2.5%に達し、近在の塩泉の濃度としては飛び抜けて高い。例外として兵庫県の有馬温泉はプレート境界に取り込まれた塩水が湧き出す特殊な温泉であって、塩分濃度は実に6%に達し日本一濃い。(ホテルの値段も高い‥)そんな温泉に浸かると漬け物になりそうで血圧の高い私はいらぬ心配をしてしまう。まあ、どうせ泊まりに行ける機会は一生無いであろうから全くの杞憂なんだが。


 平塩地区の背後の山々は、深い海の時代に生成した「月布層」相当の泥岩の上にやや浅い海の時代の「橋上層」の砂岩類が厚く堆積している。丘陵地のふもとに位置する平塩地区はこの橋上層に接している。では湧き出す塩泉の源(塩分)は、この橋上層に含まれているのであろうか?答えはほぼNOである。無論この橋上層(砂岩)も海の中で出来た地層なので、太古には塩分を多量に含んでいた。しかし、透水性の高い砂岩では降雨による浸透水により塩分が洗い流されてしまう「溶脱」が進みやすいため、地層中の塩分はどんどん失われてしまう。特に溶脱が生じやすい山地・丘陵地の砂岩では水溶性の塩分は限りなくゼロとなる。では現在の塩分の供給元は何処かと言うと、結論的には月布層(泥岩)等の透水性の低い地質となる。しかしだ、透水性の低い「泥岩」に孔をあけても本来、ほとんど地下水は集まらないはずだ。では塩水の出る井戸はどこから水が入ってくるのだろうか? 実は泥岩から長い時間をかけ少しずつ溶出した塩分を含んだ水は、ただの浸透水(真水)より比重が大きいため、地層のくぼみや亀裂に溜まると塩水が下・真水が上の二層にきれいに分かれる。それらはいつまで経っても混じり合わないばかりか、上層の真水だけがサッサと短期間で流出してしまい、後には塩水たまりだけが残される。だからこの貯留した塩水層に井戸を設けるとしょっぱい地下水となる訳だ。平塩の塩泉水も大元は泥岩層の塩分とみられる。おそらく塩水泉周辺は、表流水や真水の湧き水(浅層地下水)などが無く、水の循環供給が乏しい地区と推察される。そのため、地下深部の泥岩層から少しずつ湧き上がる塩水が薄まらずに、地表まで達する事ができたのだろう。


 我々が口にする食塩の風味は塩化ナトリウムを除いたその他の成分で決まる。であれば、海の水から得られる海塩は日本、いや世界全体でもそんなに差は無いはずだ。それに対して内陸塩(山塩)はその土地土地によって組成成分が大きく異なると同時に当然味わいも違う。ちなみに、有名な赤穂塩や伯方塩は輸入した外国産の内陸塩に日本の海水を足して製造した「調整塩」であり、多くの雑成分を含んでいるものの純粋な日本の塩では無い。


 日本国内の内陸塩としては、福島県北塩原村の大塩温泉の会津山塩がある。生産・供給量はごく少なく、薪釜で煮詰められたそれはまろやかで風味豊かな塩だという。ここ山形の土地・風土に根ざし歴史に裏付けられた「平塩の塩」も、いつか寒河江の焼き鳥やラーメンに使われ、それらと共に地域の名産品に育ってくれる事を期待したいものである。

カテゴリー:さんぽみちのちしつ

第11話 ~紅茶のお供に~

 ミルフィーユのように赤紫と灰白色の縞模様が美しく重なるこの石は山形近郊、長谷堂-隔間場に産する縞状流紋岩である。昭和60年頃より盛んに採掘され、造成盛土材として大量に市井に出回った。山形地区一円から寒河江西村山で山砂利といえば、この石が普遍的に用いられていたものである。私が入社した当時は小高い山であった原石山も、現在は採掘跡の平地に太陽光パネルが並ぶなど大きく様変わりし、採石自体はほとんど行われていないようである。
地下のマグマが直接の成因となる岩石を「火成岩」と云い、その内、地表近くで速やかに冷却したものを「火山岩」、中でも石英や長石などケイ酸分に富むものを「流紋岩」と云う。岩石としては全般に白っぽく明るい色調であることが多いが、ケイ酸分以外の鉱物の種類や冷え方によってはかなり暗色の流紋岩もあるため、色だけで岩種を決められるものでは無い。たとえば石器時代に多用された黒曜石も流紋岩の仲間と云えるが、その名の通りガラス質の真っ黒な石となっている。


 隔間場の流紋岩は、中新世中期(約1,300万年程前)に海底に噴出した溶岩によって生成したものだ。噴出溶岩の外殻は海水で急冷されてバラバラに砕けるが、中心核に近い部分では、漸次供給される溶岩の圧力によって流動しながら徐々に温度を下げて固まってゆく。岩石を造る鉱物はその成分によって固結温度が微妙に異なるため、流動しながら組成成分が凝集しあの見事な縞模様(流理構造)を造ったものと考えられる。溶岩の成分と温度、量と噴出速度、周辺環境のどれか一つでも違えばこの石は生まれなかった。まさに奇跡の産物である。また、流紋岩は冷却と共に規則性のある亀裂(節理)が発達し、岩質も硬質な割には割れやすい。そのため比較的容易に採掘でき、低コストで山砂利を開発・供給できたのである。


 隔間場の縞状流紋岩は日本全体を見わたしてもあれほど見事な流理模様は無い。一時期、ある方がこれを研磨・成形して飾り石して売り出そうと試みたという。だが岩質が災いして加工が難しく、コストに見合わずこれを断念したという。まぁ、山砂利として利用する立場からすれば、変な付加価値が付かず安価に利用できて良かったと言える。

カテゴリー:さんぽみちのちしつ

お客様のお困りごとを教えて下さい