SDGsへの取り組みSustainable Development Goals

株式会社髙田地研は、SDGs(エスディージーズ)の趣旨に賛同しています。
私たちが今できることをここに宣言し、具体的行動に移し、SDGsが掲げるゴールを目指します。

持続可能な開発目標「SDGs」とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」について記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

髙田地研の取り組み

エネルギーをみんなに
そしてクリーンに

地下水熱・地中熱は、まだまだ利用が進んでいない環境に優しいクリーンなエネルギー源です。私たちは、優れた熱源井の施工技術と新たな技術開発により誰でも普遍的に利用できるシステム作りに挑戦しています。

産業と技術革新の
基盤をつくろう

実用新案「下水熱による融雪システム」により無駄に捨てられていた熱エネルギーの有効利用のほか、新たに2件の地下水関連特許申請を行っています。これからも地下の可能性を広げる革新的イノベーションを強力に進めてまいります。

住み続けられる
まちづくりを

寒冷な北国における住環境の最も大きな障害は冬季の積雪や凍結路面です。私たちはこれまで培ってきた地下水を利用した融雪システム技術によって、より快適な生活空間の創出に取り組んで行きます。

気候変動に
具体的な対策を

当社では保有の温泉井「新髙田温泉」により、社屋の館内暖房及び駐車場の無散水融雪を行っております。これにより化石燃料の消費を極力減らし、大幅なCO2排出抑制を達成しています。

パートナーシップで
目標を達成しよう

新たな技術開発においては、お互いをサポートできる強力な産学共同体制が必要です。私たちは日本大学工学部(郡山)や東北大学工学部(仙台)との連携を深め、先進技術の活用によって豊かで住みやすい社会環境の実現をめざし歩み続けます。

お客様のお困りごとを教えて下さい