髙田地研山形・宮城・福島の融雪工事・消雪工事・井戸掘り・地質調査は髙田地研

最新情報

お問い合わせ電話番号

物理探査・地表踏査

 » 
 » 
物理探査・地表踏査

髙田地研 物理探査・地表踏査の強み

 

弊社には探査を行う調査部門と実際に開発を行う工事部門があります。
特に、電気探査と深井戸さく井工事には密接な関連性があり、探査を行った箇所に新たに深井戸を設けることにより探査結果の質的向上図るための検証を行う環境が整っています。

事業概要

 

物理探査は人為的に発生させた物理現象(振動・電気・電磁波など)の伝わり方や自然の物理現象(重力・磁力・放射能)を測定解析する事により地下の状況や地下資源の特性を推測する技術です。
探査の目的により様々な探査方法や手段がありますが、広く用いられているものに「弾性波探査」と「電気探査」があります。

「弾性波探査」は、ある点からの人工的な地震動(弾性波)が地盤の中をどのように伝わるかを地表に設置した多数の地震計によって測定し解析する事により、弾性波の伝わる速度の層の断面図としてまとめます。
弾性波速度は地盤の硬さ(密度)にほぼ比例する事より、トンネル掘削や大規模な切土掘削などの際の掘削手段の選定や支保工・切土法勾配の選定などに対し、非常に重要な情報を提供します。

「電気探査」は地表に配した電極に高圧電気を流し、地盤の比抵抗を測定する事により地下の電気特性を推し量ろうとする技術となります。
地盤の比抵抗値と地下の地質には密接な関係があり、深度毎の比抵抗値の変化から地下の地質とそれに賦存する地下水・温泉等の地下資源開発の可能性を探る事ができるようになります。

地表踏査は調査エリア内の地形特性・地質(露頭)・湧水や沼沢・植生や利用区分などを実際に歩いて調査しそれを踏査図(マップ)に取りまとめます。その後の開発・設計・調査計画の基本となる重要な作業です。

所有設備

  • 電気探査試験装置 McOHM
  • 簡易弾性波探査装置 ハンディサイスPS-1 他
よくあるご質問 メールでのお問合せ

資料請求

メディア掲載情報

会社案内会社案内

本社

本社

〒991-0049
山形県寒河江市本楯三丁目160番地
TEL:0237-84-4355
FAX:0237-86-8400

山形営業所

〒990-0013
山形県山形市久保田一丁目8-34
TEL:023-647-1715
FAX:023-647-1716

福島営業所

〒960-8111
福島県福島市五老内町9-4
TEL:024-531-1421
FAX:024-536-8940